カテゴリー「八卦掌_練習の記録(す)」の記事

2015年7月26日 (日)

7月26日(日) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

本日N尾さん八母掌ひとまず修了です。自主練習を豊富にされているのがわかる、よい演武だったと思います。次回から少しづつ六十四掌を行います。

 

練習終了後、皆で少しだけ崩拳を行いました。形意拳も少しづつ、皆で一緒に練習できるように覚えていきたいものです。

| | | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

7月4日(土) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

今日からH崎夫妻は六十四掌に入ります。新しい動きを覚えていただくわけですが、転掌・八母掌は継続して磨いてゆきます。今後転掌・八母掌を練習するに当たっては、以下事項を今まで以上に意識してください。

 

・大きくまるく柔らかく、ゆっくり大きくはっきりと

 

・目線

 

・作用点(指先か、上腕部か、肘か、肩か、背中か 等)

 

・背中から腕に向かって水が流れるイメージ

 

連続性を強調する八卦掌は、うっかりすると流れに任せ一つ一つの動作が不正確・雑になりがちですが、連続は瞬間の積み重ねです。上手な人は流れるような演武をしながらも、一つ一つの技や連絡動作、どの瞬間を写しても正確で美しいものです。それを理想として、六十四掌を覚えながら、転掌・八母掌を充実させてゆきましょう。

 

※K島さんが本日より正式入会されました。

 

 

| | | コメント (0)

2015年5月31日 (日)

5月30日(土) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

今日は二子山学共施設での練習日、ミット蹴り、旋風脚、とび後ろ回し蹴りの練習に時間をかけました。

 

ミット蹴りは同じ足で回し蹴りと膝蹴りの連打を練習しました。上段、中段、下段、膝蹴りと、同じ足で狙うところを変えて波状攻撃を行うのが理想です。

 

旋風脚ととび後ろ回し蹴りは初めて行ったので、次回以降続けて練習してみます。私には大変きつい練習なのですが、若い人はすぐできるようになります。ちなみに今回行った旋風脚の練習方法は三不落地という名前です。燃えよドラゴンという映画の中でブルースリーもやっていますので、興味のある方は見てみてください。

 

最後は本田先生に教えていただいたストレッチを行って終了。5分くらいで終わったかと思いましたが、15分ほどかかっていました。ちょっと時間がかかりすぎかなと思いましたが、整理運動代わりにこれもしばらく続けてみます。

| | | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

5月16日(土) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

今日は久しぶりにミットを少し使ってみました。どんな流派でも武術の練習では ○技を作る練習  ○技の威力を高める練習  ○技を使う練習  この3種類の練習方法が必ずあるはずです。ミットを打ちこむ練習は技の威力を高めるためには効果的ですので、適宜取り入れたいものです。

 

まずはキックミットを使って中段回し蹴り。U夫妻は2人とも実にいい蹴りを飛ばします。

 

次にパンチングミットを使って手技4種の連続攻撃。猿手(左)、撞掌(右)、中段回し打ち(左)、上段横面打ち(左) このあと以前練習したハンドル回しの動きにつなげてます。

 

ミットを持つほうも練習になるのではないかと思います。次回ミットを使うときは持ち手を別の人にやってもらってもいいかなと思う次第です。

| | | コメント (0)

5月10日(日) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

本日体験参加者が1名ありました。北京で八卦掌をやっていたというTさんという女性です。大きな歩幅ですいすいと歩く走圏は、さすがに本場仕込みで美しくしなやかでした。

 

平和公園のすぐ近くにお住まいとのことですが、名古屋は来たばかりで土地勘がないとのこと。私の経験上、思い切って春日井の教室まで通ったりすると結果的に行動範囲が広まって、いろいろな発見があるのだけれど、はたして次回練習にも来られるでしょうか?

| | | コメント (0)

2015年5月 5日 (火)

横浜方式準備運動

横浜方式の準備運動を忘備録として記載します。

 

・首回し ・肩回し ・腕回し ・肘回し ・平泳ぎ ・肘を体の中心までいれて横に伸ばしてねじる ・背中の深いところに手をいれて横に伸ばしてねじる ・腰回し ・上体の廻旋 ・膝の屈伸、膝回し ・手首足首回し 以上 関節回し

 

・アキレス腱のばし ・半歩出て鼠蹊部のばし ・振り返って仆歩(できれば足首をつかむ) ・つま先を立てて体側のばし ・前後開脚 ・立ち上がって半歩出して足裏伸ばし 以上左右繰り返し

 

・脱力して前屈→ゆっくりと顎から上げる 数回繰り返し

 

・後ろで腕を組んで背筋伸ばし 組み替える腕を変えて数回繰り返し

 

・体の左右ねじり

 

・上体ゆらし

 

東京支部では違う準備運動を行っていると聞いたことがあります。内容がわかったらまた記載しておきます。

| | | コメント (0)

2015年4月26日 (日)

4月26日(日) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

今日は転掌、八母掌を、短い棒を持って練習しました。本田先生から「八卦掌の動きは刀が基本」と聞いたことがあります。短棒を短刀と見立てて練習すると、切る、刺すという動作に意を込めやすくなります。

 

用法研究では前回に続きハンドル回しから、頭を持ち替えて横に回り、蹴りにつなげる練習をしました。

 

Nさんに1000円おつりをお返しするのを忘れていました。次回練習日にお返ししますね。

| | | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

4月18日(土) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

今日は二子山学習共用施設での練習です。

 

・横浜方式の準備運動

 

・宮廷気功

 

・転掌

 

・八大掌(磨身掌まで)

 

・用法研究(ハンドル回しから膝蹴り)

 

・時間超過のため、外に出て刀の練習→ポスターを丸めて打ち合い。自由な動きの中で、いつか型の中の動きが生かせるようになればいいと思って打ち合いを取り入れています。逃げるし避けるし反撃する相手に技を決めることは簡単ではありませんが、今はゲーム感覚で楽しんで、動きのバリエーションが増やせればいいと思っています。一人ひとり動きに個性が出て、見ていても楽しいですね。

| | | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

3月1日(日) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

平和公園で練習予定でしたが雨、急遽東スポーツセンターの第2競技場が使用可能なので変更しました。いつもより空いていて、ジークンドーの団体と空手の練習者三人(多分お父さんと子供たち)、古武術風のいかつい三人組だけで、柔道場を広々と使わせて頂きました。

 

柔道場で練習する時は裸足となります。「靴のまま畳に乗るのは禁止」と謳われてはいませんが、自主的に脱ぎます。日本の道場では土足厳禁です。(靴下や足袋はok)せっかく裸足で練習するのであれば、足の指を大きく開き、地面を足指でしっかりとつかむように立ち、歩きます。私はこれをカエルの足と習いました。足裏のツボを刺激し、さまざまな効能もあるそうです。

 

正面から来る相手を斜め横に避けて猫足で立ち、すかさず蹴る練習をしました。他の拳法、空手にも伝わる練習方法です。「拳児」では蟷螂拳の三才歩として紹介されています。他の蹴りは体全体を大きく使って練習しますが、この蹴りは上半身を微動だにさせず、足甲だけを小さく鋭く跳ね上げます。実用的でバリエーションも豊富なので、しばらく続けてみようかなと思っています。

| | | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

2月21日(土) 練習日誌

(S先生による投稿を保存のためコピー)

準備運動で久しぶりに腕を大きく廻す運動をしてみました。両腕を前転、両腕を後転、左右互い違いに前転と後転の三種です。中国拳法では肩も腕の一部と見なし、肩の柔軟運動も大切にします。肩甲骨から大きく廻すよう心がけます。

 

その他に相手の攻撃を反らす練習を二人一組となって交互に行いました。ゆっくり柔らかく、推手風に行います。左右どちらでも出来るように、次回も練習しようと思います。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧