カテゴリー「心と体」の記事

2023年1月 8日 (日)

春日井マラソン2023

1月8日の春日井マラソン2023に出走したときの、前後を含めた記録

●経路
8:10 自宅→勝川駐輪場 8:30
8:37 勝川駅/名鉄バス→東大手 8:58
(1本前なら総合体育館前まで行けた)
 歩いて総合体育館へ。すでに沿道にはスタート待ちの応援の人たちがチラホラ。

9:10 アップ
9:20 剣道場で着替え、履き替え、妻に荷物預ける
9:30 貴重品預け所
9:35 スタートラインに並ぶ。ほぼ最後尾。
9:40 スタート
10:16頃 6.5kmの関門通過
10:37 頃、ゴール。チップでのネット記録は 57分くらい。
  ダウンがてらゆっくりと歩き、とりあえず、妻のところに顔を出す。
10:50頃  貴重品預け所。ほぼ撤収作業が進んでいた。
その後、 剣道場で着替え、履き替え
   抽選結果確認
トルコ料理屋 LEZZET DÜNYASI へ歩く。

西山口 バス停 → 乙輪町 バス停

春日井温泉 でひとっ風呂。
風呂から上がり、徒歩 7分で春日井駅
春日井→勝川(JR)

持ち物を追記(2/22)

  • manaca
  • アミノバイタル、水(走る前用、走ったあとにスポーツドリンクもらえる)
  • 走る服装(気温の予報はスタート時刻6℃) 短めの長袖シャツ、半ズボン、手袋、首巻き
  • 走った後用の着替え
  • 通信手段
  • (春日井温泉用)現金必要、タオル、換え下着

| | | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

新型コロナウイルスへの対応について思うこと

結局、緊急事態宣言は発令され、書いた当時の状況と当てはまらないことが出てきた。そのうち新しい記事を書くかもしれないが、いつになるかは不明。(2021/5/22追記)


【初稿の投稿後も、思いついた時に書き換えていた】

COVID-19のせいで、世の中が萎縮しているんではないかと思う。だからといって、誰も彼もが萎縮しなければならないかというと、そうでもないだろう。

自分がどうするべきかを改めて考えてみた。

  • 医療機関のお世話にはならない。
    • 社会としての対応のため、医療従事者の負荷を上げないことが重要。
    • 医療機関に行くと、別の病原を拾う可能性もある。
  • 軽症で済むならば、感染しないことに血道を上げるよりも、早く感染して抗体を作った方が良いのではないか。
    • 感染するタイミングは自分で選べた方が良い。
  • 無症状で済むならなお良い。 これは、体力によるのか、それとも持ち合わせている抗体によるのか?
  • 発症したあとは、対症療法になる。つまり、基礎体力を上げておくことが重要。
    • 運動不足解消
      • 自転車通勤への切り替え
      • 日課に縄跳びを。
    • 睡眠不足を避ける
    • しっかり食べる
    • 身体を冷やさないようにする

報道から拾った事実や観察、伝聞などから考えたことや感想

  • かかってしまうと重篤化する人に、感染させないことが重要。
  • それらしい症状(と言っても、他にも似たような症状を起こす病原はある)が出ていても検査を受けられないケースもあるらしい。
    また、感染していても症状が出ない期間、人もいるので、誰がウイルスに感染していて、誰が感染していないのかは、外からでは見分けがつかない
  • 社会として対処するなら、目標の設定が必要。目標が複数ならば優先順位の設定も必要。その周知も必要。

    • 例えば、目先の目標を「死者数を少なくすること」とするならば、重症患者を優先して医療機関に入れ、軽症の患者は医療機関から出てもらう必要がある。

    • 「回復者数を多くすること」を優先するなら、逆の選択になるかもしれない。

  • COVID-19についての報道だけが、他の病気と比べて、突出していないか?
    • マスコミとしてはその方が売れる?
    • WHO のこのページ https://experience.arcgis.com/experience/685d0ace521648f8a5beeeee1b9125cd
      には、各国の感染者数、死者数が掲載されているが、検査数は出ていない。
    • 同時期のインフルエンザの感染者数、死者数と、COVID-19のそれを並べたデータを見てみたい。
    •  
  •  
  • SARS2による損害は、症状そのもの、特効薬がない不安感、イベント自粛などによる経済活動の停滞がある。
    • 普段どおりに世間が動くと思うのは、多分まちがい。
      • テレワークとか、緊急の必要性がないからといっていまいち進んでなかった動きが、これをきっかけに進むのでは。
    • 根本的には、ワクチンか特効薬が出てくるまで解決しないのかな。
    • 症状が出ても、大したこといんだな、と考える人が増えれば、落ち着くと思う。
    • マスクが店頭から消えるなど、特定のものに一時需要が集中したが、
      • 役目を果たす代用品で十分。
      • トイレットペーパーは、もう店頭に戻ってきている。
  • 適度に人と人の間隔が開き、みんなだんまりの通勤電車の車内。咳をする人もくしゃみをする人もいない。マスクをすることにあんまり意味はない人が多い気がするが、8割ぐらいの人がマスクをしている不思議。ピークより減ってきているようには思う。
  • 何かをやる、ならないは他人や他組織の動きで決めるのではなく、自分、もしくは自分たちで決める必要がある。
    • この程度だと、特措法による非常事態宣言は出ない。
  •  

 


報道と、インフルエンザなどの予防法など拾った箇条書き。

・SARS2 はコロナウイルスとして知られる、7番目の種類のウイルス。 COVID-19 は、このウイルスが引き起こす症候群。

・感染した人の中で、肺炎にかかり、重篤な症状になる人、死んだ人がいる。軽く済む人もいる。

・ウイルスが体内に入り込んでも、発症しないケースはある→無症状の感染者となる。 体力の問題か? 持っている抗体の種類による?

・重篤な症状になった人は、基礎疾患(呼吸器系の病気、糖尿病など)が有る人が多いらしい。

・日本での死者に占める高齢者の割合が大きい。

・特効薬はまだない。ワクチンもまだない。

・感染してから発症するまでに時間がかかる。4日ほどと言われている。

・感染のしかたは、飛沫感染と接触感染。

・保菌者がマスクをすることは、くしゃみ、会話などによる飛沫感染を防ぐために有効。

・未感染者がマスクのみで感染を予防することは不可能。

 口鼻から飛沫を受け入れないため、喉の湿度を保つため、の効果は多分ある。

 目を覆うタイプでなければ、目の粘膜から入ってくるウイルスの予防にはならない。

 マスクの外し方が下手だと、逆に感染の原因となる。

・もう少し温かくならないと、季節性かどうかわからない。

・無自覚症状の感染者から他の人にウイルスが感染するケースもある。

・かかってから回復した人はいる。回復してから再発した人もいる。

・各国で、検査の仕方と、検査能力(1日あたりに検査できる数)が異なる。検査をするかどうかの基準も異なる。

・日本の検査数は、約1500件/日、イタリアの検査数は、1万件以上/日。(NHKの3/18付のウェブ記事 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200318/k10012338031000.html に出ていた数字から計算)

・国によっては医療従事者の感染が進んでいる。

| | | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

縄跳び

正月3が日に、それぞれ縄跳び 110回×3セットをこなす。

来るマラソン大会に向けてだが、これでも運動不足は否めない。

| | | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

インフルエンザA型に感染した

(投稿日時を感染判定日に設定)

前夜、身震いがあり、翌朝は平熱だったが、念の為病院へ。
待合室で体温計を渡されるも、体温計がうまく反応せず。なんだ?

順番が来て、問診。
そしてインフルエンザ迅速判定キットで、鼻の粘膜をこすられる。痛い。

結果は10分足らずで出たように思う。
熱が下がって、医師より2日間の外出禁止を伝えられる。要は、ウィルスをばらまくなということ。

なお、この病院では、感染が判明した患者の会計を待合室から離れたところで行う。
隔離が徹底されていると感じた。

続きを読む "インフルエンザA型に感染した"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

陸上の高専大会で高山へ(2日め)

さて、2日目。一番の目的であるオープン種目への出場の日だ。
オープン種目は、結果が公式記録とはならず、OBでも参加できる。

卒業後も、できるだけ1500mに出場している。
今年の記録は 6'11"で、昨年より5秒くらい落ちた。


ここ数年、2〜3ヶ月くらい前に、「はっ、今年もシーズンだ、練習しなきゃ」という気になり、
しばらくは朝、走ったり歩いたりする。しかし、梅雨入りするのと前後して、練習しなくなる。

今年はスパイクを新調し、練習はだいたい↑のとおり。
「5秒も落ちてしまった」というより、「5秒落ちで済んだ」ということなのかもしれない。

さっそく筋肉痛の気配が出てきて、自宅近くの銭湯に寄って帰った。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

散髪

短くした。

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

歯医者への通院完了

先週型を取った金属の冠ができてきたはずなので、行く。
やはり30分くらいは待つらしい。その間はタイ語の勉強など。

少し歯の表面がザラついているようだが、支障なし。
デンタルフロスの引っかかりもなくなり、めでたしめでたし。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

SHIROH コメンタリ 観劇終了

昼食を食べたところで冷房がきつかったせいか、単に食べ過ぎたのか、一時的にお腹を下したので、予定変更。
某所に手伝いに行こうと思っていたのを取り止め、第一幕終了時点で止まっているSHIROH のコメンタリの続きを観ることにする。
あるなぁ、岡崎司WORKS に入っていないけどいい曲。MDに入れて持ち歩こうかしら。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

緊急出勤

おおまかにいうと、主にプリンタの故障対策と今後の機器構成について。

のぼせたせいか、乗り換え駅のベンチに座っているときに鼻血が出てきた。
連日、暑い室内で生活している割には、最近ないなと思っていたところだった。

ほとんど午後になる時間に出掛けたので、帰りも遅かった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

げ、領収書の形式が

思ったより厳密に指定されている。
慌てて病院へ。形式の変更だけなので、窓口だけで用事が済んだ。

ついでに図書館とスーパーへ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧