« Brother DCP-9010CN に Chromebook から印刷する | トップページ | 春日井でも雪が降った »

2022年10月30日 (日)

X270 の SSD を 256GB から 512GB に換装

新SSD は、 SUNEAST の 512GB SE900 NVMe PCIe Gen3.0x4

経過としては、

  1. ・System Rescue CD の gdisk で新しいSSDのパーティションを区切り、
  2. ・partclone.dd、 partclone.ntfs で内容とパーティション情報をコピーし
  3. ・PCのカバーを開けて載せ替え、
  4. ・予想どおり Windows 10が起動できないので
  5. ・Windows10 インストールメディアのコマンドプロンプトから起動情報構築用のコマンドを使って起動回復
  6. ・回復パーティションとの対応も外れていたので、こちらもコマンドプロンプトから回復

途中でコマンドラインオプションなど調べた時間も含めて、およそ2時間半。


2.の関連で、コマンドメモ。

 partclone.dd は、EFIとMicrosoft の Reserved 16MBで使用。 -b オプションがない。 -s と -o でソースとコピー先デバイスを指定するだけ。

 例: partclone.dd -s /dev/nvmen0p1 -o /dev/sda1

 partclone.ntfs は、 C: D: ドライブと回復パーティションで使用。 -s と -o は上と同じで、デバイス から デバイスへのコピーの場合 -b を付ける。

 例: partclone.ntfs -b -s /dev/nvmen0p3 -o /dev/sda4

元のSSDには、回復パーティションが2つあったが、片方は使われていないようなので、無視。reagentc コマンドを使っている。

 見分け方の参考になるサイト:回復パーティションが2つある

5.の関連で、コマンドメモ。すべてが必要とは限らないのと、手打ちしているので間違いの可能性あり。

bootrec /rebuildbcd

bcdedit /enum       参考:BCDEDIT のコマンド解説

bcdboot c:\windows /l ja-jp  参考:BCDBOOT のコマンド解説

bcdedit /enum BCDのエントリが増えている

再起動

ディスクの管理から、1000MB増やす、1000MB減らす。(partclone によってコピーされたパーティションサイズ情報を、実際の数値で上書きするため)

起動できないエントリが残っていたので、削除。消さないと、起動時に2つのWindows10エントリのどちらを使うのか尋ねられる。片方は無効なのに。

bcdedit /delete {(消したいエントリのID。deviceとosdeviceがunknown になっていた。)}

6.の関連で、コマンドメモ。すべてが必要とは限らないのと、手打ちしているので間違いの可能性あり。

参考になったサイト

回復パーティションが無効になっているので、再設定。

コマンドプロンプト diskpart

diskpart> list volume

サイズから、どの番号が回復パーティションか判断できた

diskpart> select volume 3

diskpart> assign letter r:

他とかぶらない文字を割り当てる

diskpart> exit

reagetc /setreimage /path r:\Recovery\WindowsRe /target c:\Windows

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。  と出た。

reagentc /enable

reagentc /info

diskpart

diskpart> select volume 3

diskpart> remove letter r:

diskpart> exit

| |

« Brother DCP-9010CN に Chromebook から印刷する | トップページ | 春日井でも雪が降った »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Brother DCP-9010CN に Chromebook から印刷する | トップページ | 春日井でも雪が降った »