« エアコンに冷媒R32ガスを補充 | トップページ | ThinkPad X280 上の Debian GNU/Linux で指紋認証を使う »

2021年8月 8日 (日)

make bindeb-pkg でパッケージバージョンを指定する方法

9月26日に追記:

 ビルドディレクトリに .version があり、この中に末尾のリビジョン番号が入っている。

 Debian 管理者ハンドブック の 8.10.4. パッケージのコンパイルとビルド から。


以下、当初の投稿:

よくわからないので、わかるところまでメモ。

make bindeb-pkg を実行しないと、debian ディレクトリができない。

1度できてしまえば、dch -i でパッケージバージョン番号を変えることができる。debian/changelog の中で。

仕方がないので、

  1. 1度 make bindeb-pkg を実行して、 -1 のパッケージを作成した後、
  2. dch -i でバージョン番号を -2 に変え、
  3. もう一度 make-bindeb-pkg を実行。

もっと良い方法がありそうに思うが、

make KBUILD_BUILD_VERSION=2 bindeb-pkg では効果がなかった。

なお、独自パッケージであることを示す文字列は、CONFIG_LOCALVERSION に入れておけるので、make menuconfig のときにでもセットしておけばよい。

| |

« エアコンに冷媒R32ガスを補充 | トップページ | ThinkPad X280 上の Debian GNU/Linux で指紋認証を使う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Debian 管理者ハンドブックに書いてあった .version ファイルについて、追記

投稿: hama | 2021年9月26日 (日) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エアコンに冷媒R32ガスを補充 | トップページ | ThinkPad X280 上の Debian GNU/Linux で指紋認証を使う »